身近になった監視カメラ:防犯カメラ、監視カメラの設置

身近になった監視カメラ

Sponsored Link

防犯カメラ、または監視カメラと呼ばれるものは、以前は企業や銀行、工場、店舗などの場所で主に使用されていましたが、凶悪な都市犯罪の増加に伴い、商店街をはじめとする繁華街などの街路地に監視カメラが設置されることが多くなり、犯罪が行われた場合、防犯カメラ、監視カメラの記録が証拠として成果をあげています。

実例として警視庁では、繁華街等の防犯対策として街頭に防犯カメラシステムを設置し、犯罪行為を行った者の検挙率に多大な成果をあげています。このシステムは各道府県警も採用し、各地域の繁華街、街頭、街路周辺に防犯カメラを設置しています。

また、取り扱いが簡単で、価格も手ごろな防犯カメラが市場に出回るようになり、一般家庭でも防犯用にこれらの監視カメラが普及しています。

一口に防犯カメラといっても、監視カメラ単体だけをさすのではなく、映像の伝送、表示機能を含む、監視システム全般を意味する場合もあります。

また、以前のように、数時間しか録画できないテープレコーダーに監視カメラの映像を保存するのではなく、近年は、デジタル記憶装置の技術的進歩と普及が進み、大容量の記録が可能となり、犯罪の証拠としての役割がさらに高まりました。

また、防犯カメラの性能は良くなり、それに反して相場は下がってきているというのが、防犯カメラ、監視カメラを使用する企業、または一般家庭が増加した要因だといえます。

しかし、防犯カメラは犯罪抑制作用はあるものの、犯罪そのものを防ぐことはできません。ただの監視だけならかまいませんが、防犯という意味において、防犯カメラだけでなく、警報・通報装置などと一緒に使用して、全体的なセキュリティーシステムを構築する必要があるといえます。

防犯カメラとは?

Sponsored Link

検索
カスタム検索

Sponsored Links
サブコンテンツ