防犯カメラ 低価格:防犯カメラ、監視カメラの設置

防犯カメラ 低価格

Sponsored Link

防犯カメラを安く設置するには?

防犯カメラのコストはどれぐらい掛かるのでしょうか?

防犯カメラの値段はその性能(基本的には本体の機能というよりレンズそのものの性能)と監視する手段(映像を伝える方法)により、その価格はピンからキリまであるのです。

では、できるだけ安く、防犯カメラを設置するにはどのような方法があるでしょうか?

ダミーカメラの設置

防犯カメラを出来るだけ安価に設置する場合、もっとも安く上げられるのは、ダミーカメラを設置することです。

これだと、(ダミーカメラ本体の値段×個数=実費)となり、実に安上がりです。

一見本物の監視カメラに見えるので、犯罪防止効果を狙うだけならダミーカメラで十分といえるでしょう。

しかし、最低限の防犯カメラの機能を備えておきたいなら、数台のダミーカメラの内、何台かは本物の防犯カメラを設置したり、画質や監視カメラとしての性能は劣るものの、市販されているメモリーカードに記録する、センサー付き小型防犯カメラとあわせて使用すると、比較的安価に抑えることが出来ます。

ですが、この場合には、センサーカメラがあると、ほかの防犯カメラが機能していないということがばれてしまうので、絶対にセンサーカメラを発見されないように設置することが重要といえます。

こういった小型の防犯カメラでも、センサーが作動すると、自動的に登録しておいた携帯番号に信号を送って異常をしらせたり、携帯に映像を送るタイプのものなどもあり、使い方によっては、防犯カメラとして十分に役に立つものといえます。

また、このタイプの防犯カメラは、防犯という用途だけでなく、小さな子供や、寝たきりの高齢者の様子を見たりといった、育児や介護用途でも使用されています。

防犯カメラの設置法

Sponsored Link

検索
カスタム検索

Sponsored Links
サブコンテンツ