防犯カメラ設置の目的:防犯カメラ、監視カメラの設置

防犯カメラ設置の目的

Sponsored Link

防犯カメラ

防犯カメラとは、公共施設や店舗などにおいて、様々な目的で監視を行うためのテレビカメラのこと。 撮った映像の伝送や処理、表示機能を含む監視システムが加わって初めて防犯カメラはセキュリティーシステムとしてその機能を活用することが出来ます。

防犯というよりは犯罪行為の監視などに使用されています。最近ではCCTV(Closed-circuit Television)とも呼ばれています。 一般的に、防犯対策として店舗や金融機関、公共施設に備え付けられています。

防犯カメラは不審人物や侵入者を監視すると共にその記録を保存し、後にその映像を犯罪の証拠として使用するのが目的です。 また、店舗などでは防犯カメラの設置により、万引きなどの犯罪行為を未然に防ぐ効果も期待できます。 こういった施設だけではなく、空き巣や盗難などの犯罪の増加や、比較的安価な防犯カメラも市場に出回るようになったために、自宅駐車場や部屋の中など、盗難防止を目的として個人の住宅に使用されるケースが増えてきました。

◆警視庁で繁華街等の防犯対策として街頭に防犯カメラシステムを設置し、犯罪行為を行った者の検挙率に多大な成果をあげています。 このシステムは各道府県警も採用し、各地域の繁華街、街頭、街路周辺に防犯カメラを設置しています。

防犯カメラの使用により、少人数で広範囲の監視が行えるようになり、警備会社の警備システムにも活用されています。 このシステムで、個人住宅で使用されている防犯カメラと警備会社のそれとが連動し、新しい警備体制が生まれています。

防犯カメラ 監視カメラ

しかし、防犯カメラは監視と記録を目的としたものであるため、心理的に犯罪防止効果はあっても、犯罪そのものを阻止する効果はありません。 防犯カメラの設置は、実際に犯罪が起きたときの状況証拠とするために利用されるのが本来の目的といえます。

防犯カメラとは?

Sponsored Link

検索
カスタム検索

Sponsored Links
サブコンテンツ