防犯カメラの効果的な設置法:防犯カメラ、監視カメラの設置

防犯カメラの効果的な設置法

Sponsored Link

監視カメラの設置に先立ち、防犯カメラが写しだす映像の範囲を考える必要があります。

多くは天井に設置されますが、これは広範囲を撮影できるだけでなく、侵入者がカメラを破壊する可能性があるので、出来るだけ手が届かないようにするにも最適な設置場所といえます。

アルコム

防犯カメラの設置箇所を対象者に知られたくなければ、小型の防犯カメラを隠して設置することもできます。

この場合、撮影できる範囲は狭くなり限られてくるので、撮影対象の構図を事前にしっかりと決めておく必要があります。

また、公共施設などの、不特定多数の人が集まる場所においては、防犯カメラng>の存在は威圧感を与える場合があります。

アルコム

そういった場所では、ドーム型の防犯カメラを使用すれば、通常の防犯カメラに比べ、威圧感は緩和することが出来ます。

また、店舗などでは複数の防犯カメラの設置は、数が増えるほど価格もそれに比例し上昇するので、主要な範囲だけを本物の防犯カメラで撮り、そのほかの場所は監視カメラに外観を似せた、安価なダミーカメラの設置も、犯罪抑止効果を期待することができます。

この場合ダミーカメラと本物とをうまく取り混ぜることが大切です。

そして、「防犯カメラ設置」を明記したステッカーを、目に付くところに貼っておけば、さらに効果的です。

しかし、本物の防犯カメラにしても、犯罪そのものを阻止する効果は残念ながらありません。それを踏まえた上で監視カメラを防犯に役立ててください。

防犯カメラの設置法

Sponsored Link

検索
カスタム検索

Sponsored Links
サブコンテンツ