防犯カメラのメリットとデメリット:防犯カメラ、監視カメラの設置

防犯カメラのメリットとデメリット

Sponsored Link

防犯カメラのメリットとデメリット 防犯カメラ・監視カメラの防犯上の利点とはどのようなものでしょうか?

防犯カメラの利点

○防犯抑制作用 ○画像または映像の保存 ○状況の確認が容易 まず防犯抑制作用とは、犯罪を犯そうとする者が、防犯カメラの存在により犯罪行為を思いとどまる効果のことです。 たとえば店舗内で万引きをしようとしている者が、防犯カメラの存在を確認したため、万引き行為をやめるといったことです。 画像・映像の保存は、事故や犯罪が行われた場合、防犯カメラで写した映像や画像を保存しておくことで、法廷などで重要な証拠として提出することができます。 状況の確認というのは、防犯カメラで撮影される範囲の状況が容易に確認できるだけでなく、第三者が見ても口頭や文書で伝えるよりもその時の状況がわかりやすいということです。 では防犯カメラ・監視カメラのデメリットとは?

防犯カメラのデメリット

○1:防犯行為の阻止能力 ○2:限定された撮影範囲 ○3:高確率でのカメラの破壊、撮影妨害 まず第一に、防犯カメラは犯罪抑制作用はあるものの、犯罪行為そのものを防ぐということはできません。 また、防犯カメラの存在が犯罪抑制作用をもたらすとともに、特に公共の場所などでは来訪者に威圧感を与えてしまうこともあります。 対処:アラームやセンサーなどと組み合わせるなどの工夫が必要といえます。 公共の施設等ではドーム型の監視カメラなどで、威圧感を緩和する工夫が必要です。 2つ目は、防犯カメラの設置の仕方により、撮影範囲が限られ、この範囲外での状況を知ることはできません。 一度に360度を写しだせるカメラは存在しません。 対処:できるだけ広い範囲で撮影が可能な設置の仕方が考慮する必要があります。 3つ目は、基本的に防犯カメラは、一部を除いてカメラ本体を露出させ、存在を確認できるような設置の仕方をします。 そのため防犯カメラの存在を知った犯罪者が、高い確率で犯罪行為を行う前に故意に防犯カメラを破壊したり、カメラの前に幕をかけるなどして撮影妨害をする可能性も否定できず、実際、こういった事例も数多く報告されています。 対処:手の届かない天井の高い位置に設置するなど。 ほかにも防犯カメラのメリット・デメリットはあるでしょうが、カメラの性能と設置場所等を把握し、これらのことを理解したうえで、防犯カメラを役立てることが大切です。

防犯カメラとは?

Sponsored Link

検索
カスタム検索

Sponsored Links
サブコンテンツ