ウェブカメラでホームセキュリティー:防犯カメラ、監視カメラの設置

ウェブカメラでホームセキュリティー

Sponsored Link

手軽に防犯システムを構築できる物としてネットワークカメラを使用する方法もありますが、さらに手軽に、低予算で監視カメラとして使えるのが ウェブカメラです。

基本的にパソコンとUSB接続のウェブカメラがあれば、それを防犯カメラとして使用するというもので、ウェブカメラ機能の付いたノートパソコンでも大丈夫です。

長時間の監視や、場所を選ばず容易に設置可能ということを考慮すれば、ノートパソコンの使用を推奨します。

しかし、そのために最新のノートパソコンを購入する必要はありません。

パソコンの性能もそれほど高いものでなくても大丈夫なので、古いノートパソコン、または低スペックのネットブックでもこの機能を使うことが出来ます。

ウェブカメラを防犯カメラとして使用するには、パソコンとウェブカメラ、そしてフリーの監視ソフトを使用します。

このフリーソフトのおかげで、パソコンで簡単に監視システムを構築することができるのです。ただし、対応OSはウィンドウズXPとなります。

その監視用フリーソフトにもいくつかあるので、用途によって使い分けるのもいいかもしれません。

このソフトは、無料だといっても動画撮影、静止画撮影だけでなく、動体感知機能があり、動いたものを感知したときだけ撮影を行うというものです。

この動体感知機能のおかげで、無駄に撮影することなく、ハードディスクの保存領域が少なくてすみ、監視の用途によっては静止画のみの撮影でも、十分に防犯・監視カメラとしての機能を果たしてくれます。

設置の仕方はこちらのサイトで詳しく説明されています。

また、インターネットに繋いで、サーバーの設定を行うことで、出先の別のパソコンや携帯のメールからも、その映像を観覧することが出来るのです。

ウェブカメラの性能で、画像はかなり違ってきますが、高価なものを買う必要はなく、2〜3千円の製品でも大丈夫です。

ご家庭で使用していない中古のノートパソコンがあれば、活用してみてはいかがでしょうか?

防犯カメラの設置法

Sponsored Link

検索
カスタム検索

Sponsored Links
サブコンテンツ